FXと比較する投資

FXと比較する投資

代表的通貨の傾向

外国為替取引であれば、通貨の傾向を知っておくことが大事です。
もちろん、FXでもそうであり、これは、外貨預金にも該当します。
あるいは、今では、外貨建ての外国株式や外国債券なども購入でき、その場合も、通貨傾向を知っておく必要があるでしょう。
では、代表的な通貨傾向とは、どういうものでしょうか?
まず、代表的な通貨言えば、ドルでしょう。
アメリカ発行の通貨であり、基軸通貨でもあります。
国際決済としても、メジャーな通貨であり、取引高も世界一位のようです。
そんなドルは、国際政治の影響を受けやすくなっています。
特に戦争のような大きな出来事があれば、たとえアメリカが関わっていなくても、ドル相場が動くようです。
それもまた、基軸通貨らしい特徴でしょう。
また、世界第二位の通貨と言えば、ユーロがあります。
EUの統一通貨であり、国際決済でも、広い地域で利用されています。
現在、ユーロ危機とも言われているようですが、特徴としては、ドルに反発するようです。
ドルに対抗しながら、ドル救済の意味合いもあるようです。
そうであるからこそ、世界第二位の国際通貨と言えるのでしょう。
さらに、ポンドがあります。
イギリスの通貨で、かつての基軸通貨でもあります。
ポンドは、ユーロとドルをつなぐ役割があり、大西洋の仲介役の通貨のようです。
取引が頻繁であるため、一日の値動きが激しい傾向があります。
そのため、初心者には、不向きな通貨のようです。
なお、中国の人民元も、市場取引がなされています。
しかし、国が世界第二位のGDPでありながら、人民元は管理通貨でもあります。
大儲けもできなければ、大損もしない可能性のある通貨でもあるようです。

注目度がUPしているワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう