FXと比較する投資

FXと比較する投資

外貨預金とも比べよう

外国為替取引にも、いろいろなものがありますが、外貨預金も代表的なものです。
1990年代後半に実施された日本版金融ビッグバンによって、個人が自由に外貨預金を開設できるようになりました。
FXの共通している点は、外貨を利用した投資ということでしょう。
しかし、外貨預金は、あくまで預金です。
当然、外国為替を利用しているため、為替差益を見込めます。
しかし、円安でなければ、収益が出ないようになっています。
また、為替変動があるため、リスクも生じるようになっています。
そうは言っても、FXのように、自分で注文し、なおかつ、決済がなければ、証拠金が減少する可能性があり、さらに、短期的な投資に反し、外貨預金は、長期的な投資です。
あくまで預金であり、一旦入金すれば、出金は任意となります。
お金を積み、為替レートが希望通りになるまで、待つことができます。
外貨を使った貯蓄というのが、正確なところでしょう。
また、外貨預金でも、金利が収益となります。
FXと異なり、売買をすることはなく、通貨に付与された金利が、貯金額に応じ、発生するようになります。
さらに、外貨預金にも、いくつかの種類があり、円建て預金と同様なものです。
すなわち、普通、定期、積立があり、最近では、自動積立に人気があるようです。
また、外貨の中でも、金利が高いものに、人気が集中しているようです。
ただし、金利が高いということは、それだけリスクも高いということを肝に銘じておくべきでしょう。
以上、外貨預金の特徴になりますが、外貨預金では、入出金で手数料が発生します。
為替レートに含まれるもので、FXのスプレッドと同様ですが、別途設定している金融機関もあります。
この点にも、注意が必要でしょう。

注目度がUPしているワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう